クラリーノと牛革・コードバンの違いとは

Pocket

ランドセル選びをする場合にカラーや価格を気にする方は多いですが、素材までこだわる方は少ないみたいです。

というのも、一般的に販売されているランドセルの大半がクラリーノ素材という人工皮革がが使用されているからです。

クラリーノ素材の特徴は下記になります。

 

【クラリーノ素材の特徴】

  • 軽い
  • 値段が安い
  • カラーバリエーションが豊富
  • 水に強い
  • 型崩れしにくい
  • 普段は特別なお手入れ不要

このように毎日使うランドセルとしては最適な素材として、多くのランドセルにクラリーノ素材が選ばれているのです。

軽くて型崩れがしにくいうえに、水にも強いのはお母さんとしては嬉しいですよね。

雨の日に帰ってきてもさっとタオルで拭くだけで、普段は特別なお手入れもしなくていいのも助かります。

それでいてお値段も3万円台から商品が揃っているので、多くの人がクラリーノ素材のランドセルを選ぶのも納得です。

親だけでなく子供にも人気の理由があって、それはカラーバリエーションが豊富なことです。

単色だけでなくフチドリに違う色を施したコンビカラーなどもあるので、子供としては選ぶ楽しみがあります。

ちなみにクラリーノ素材にも種類があって、それぞれに特徴があります。

素材の違い

 

★天然素材のランドセルの特徴

ランドセルの素材としては人工皮革の他にも天然素材の商品があります。

天然素材としては、「牛革」と「コードバン」の2種類が主に使われています。

 

【牛革の特徴】

  • 高級感のある光沢
  • 丈夫で傷に強い
  • 使い込むほどにツヤが出る

牛革は牛の革を使ったランドセルで、歴史が一番古い素材です。

 

【コードバンの特徴】

  • 傷に強い
  • 希少価値が高い
  • 使い込むほどにツヤが出る

コードバンとは馬のお尻の革のことで、一頭の馬からほんの少ししか採取できない希少価値の高い素材です。

 

天然素材のランドセルは使い込むほどに革のツヤが増し、味わいのある光沢が醸しだされます。

しかし、普段からのお手入れを欠かさないこと必要となり、高級志向な方でないと素材を活かしきれないかもしれません。

また、お値段も6万円以上からと高額なこともあって、小さいお子様に背負わせるランドセルとしては贅沢という声もあります。

牛革やコードバンで作ったランドセルはクラリーノよりも少し重くなることもあり、低学年のうちは少し使いづらいようです。

ランドセルを丁寧に扱えて日々のお手入れもこまめにできることが前提での選択肢として考えるのが無難かもしれません。

 

★どの素材がオススメ?

ランドセルの素材については、特に天然素材へのこだわりがなければクラリーノ素材を選ぶのがオススメです。

使い勝手もよく軽くてデザイン性も豊富なうえにお値段もお手頃なんですから、迷わずクラリーノ素材を選ぶ方が多いです。

そういうこともあり、多くのランドセルメーカーはクラリーノ素材のランドセルを中心に製造販売しています。

素材にこだわる方は、クラリーノ素材の種類を詳しくチェックしてみてはどうでしょうか。

クラリーノ素材の特徴一覧が分かりやすいページはコチラ>>丈夫さと軽さを実現する新素材

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket